TOPPAGE > お知らせ
救急撮影技師認定機構 参加ポイントにつきまして

第24回日本臨床救急医学会総会・学術集会において機構主催の講習会を視聴していただき,最終スライドに掲載しているIDとパスワードをお控えください.機構のHP内の「第24回臨床救急 機構主催講習会の参加証明発行」にてIDとパスワードを入力していただき,参加証明書をダウンロードしてください.ポイントは「本会主催の講習会」の参加に準じます.

※ 下記リンクで表示されるページの上段のユーザー名にID,下段にパスワードを入力

   第24回臨床救急 機構主催講習会の参加証明発行
更新期限誤掲載のお詫びと訂正について
先日、更新資格の改定についてお知らせしましたが、更新期限について誤って掲載をしましたのでお詫びと訂正をさせていただきます。 混乱を招く案内になりましたことを深くお詫び申し上げます。

【誤】今年度更新の対象者は第5回認定試験合格者です。諸事情により第5回認定試験合格者は更新期限を1年延期していますので、次年度「2021年度」の更新対象者は第1回、第5回、第6回認定試験合格者となります。なお第5回以前の更新対象者も更新できますので更新の手続きをお願いします。

【正】今年度更新の対象者は第1回(2度目の更新)、第5回、第6回認定試験合格者となります。2021年3月31日までに更新の手続きをお願いします(更新期限は試験の年から起算して5年間です)なお第5回以前の更新対象者も更新できますので更新の手続きをお願いします。

 

更新資格改定についてのお知らせ

COVID-19の影響で学会・研究会等の中止や延期が続出しているため、更新資格を改定しました (今年度更新の対象者は第1回(2度目の更新)、第5回、第6回認定試験合格者となります。2021年3月31日までに更新の手続きをお願いします(更新期限は試験の年から起算して5年間です)なお第5回以前の更新対象者も更新できますので更新の手続きをお願いします。)

「改定前」
(1)更新申請時において、救急撮影認定技師であること。
(2)更新申請時、過去5年間において、別表単位表から救急撮影認定技師では30単位を取得していること。
(3)更新申請時、過去5年間に構成4団体のいずれかの全国規模の学術大会に1回以上出席していること。
  第72回日本放射線技術学会総会・学術大会以降のweb参加では、課題レポートを3題提出すること。
演題の選択は、救急医療に用いられるモダリティに関するものが望ましい。
(4)更新申請時において、過去5年間に本機構が主催する講習会に1回以上参加していること。

「改定後」
(1)更新申請時において、救急撮影認定技師であること。
(2)更新申請時、過去5年間において、別表単位表から救急撮影認定技師では30単位を取得していること。
(3)更新申請時、過去5年間に構成4団体のいずれかの全国規模の学術大会に1回以上出席していること(第76回日本放射線技術学会・学術大会のweb参加含む)。  第72回~第75回日本放射線技術学会総会・学術大会のweb参加では、課題レポートを3題提出すること。
(4)更新申請時において、過去5年間に本機構が主催する講習会に1回以上参加していること。
(5)(2)、(4)の要件を満たしていなくても後日証明書類を提出することにより、更新の申請を認める。

以上

 
令和3年度 調査・研究助成の募集について
主旨 日本救急撮影技師認定機構では,救急放射線技術の向上のため広く調査・研究活動をしてくださる班もしくは個人を募集いたします
募集期間 令和2年12月17日(木)~ 令和3年3月12日(金)
申込方法 調査・研究助成申請書に必要事項を記入し,メールに添付して事務局に送付します
活動期間 原則として令和3年度中
成果報告 日本救急撮影技師認定機構を構成・支援する学会等の学術大会における発表もしくは論文の執筆をもって終了とします
募集件数 数件
助成金額 1件につき 10万円
申請書 jert_research-R3.doc
送信先 office@jert.info
更新手数料部分的変更のお知らせ

改救急撮影ガイドライン 改訂第3版の発刊にともない、更新手数料を一部変更しましたのでお知らせします。

1.従来同様 10,000円

2.「救急撮影ガイドライン 改訂第3版」をセットで更新 13,000円(税込) (「救急撮影ガイドライン 改訂第3版」定価5,800円+税)

1.2のいずれかを救急撮影技師認定更新申請書に記載してください。

平成24年4月ー令和2年3月 機構主催・共催 講習会一覧

平成24年4月-令和3年3月 機構主催・共催 講習会一覧はこちらです

第1回(2度目の更新)、第5回、第6回 救急撮影技師認定更新のお知らせ

手続きの流れ

第1回、第5回、第6回救急撮影技師認定試験により認定されました皆様は,今年度に認定の更新をしていただきます.その流れを以下にお知らせいたします.

1.認定申請用紙をダウンロードする

2.申請用紙のエクセルファイルは,3枚のシートより構成されます.
認定更新申請書,更新ポイント貼付用紙,web参加レポート用紙

3.認定更新料を所定の口座に更新対象者の名義で振り込みます.

4.申請書を記入します.更新期限は認定証や認定カードをご確認の上,記載して下さい.また,更新料振込期日は必ずご記入下さい.

5.認定ポイントを証明する参加証,領収書,名札などの写しを更新ポイント貼付用紙に貼り付けます.ポイント総計30ポイント以上.(申請後に追加提出可)

6.更新申請時において、過去5年間に構成5団体のいずれかの全国規模の学術大会に1回以上出席していることと致します.ただし,参加できない場合には,web参加を認めます.web参加された方は課題レポートを3題作成し申請して下さい.(第76回日本放射線技術学会・学術大会のweb参加はレポート不要)

7.過去5年間に本機構が主催する講習会に1回以上参加していること.(申請後に追加提出可)

8.機構事務所に郵送してください.約1ヶ月で更新手続きを完了します.

9.認定バッジが古くなりますので交換します.バッジの鋭利な部分を
工具で除去し,認定申請書に同封してください.新しいバッジとストラップを更新した認定証と同封し,送らせていただきます.

10.機構が主催もしくは共催する講習会などに参加できず,更新の申請にお困りの方は,以下のメールアドレスにご連絡ください.
office@jert.info

11. 送付先
〒598-8577
大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23
りんくう総合医療センター内
日本救急撮影技師認定機構 事務局 宛
 
12.送付書式一覧
・認定更新申請書
・更新ポイント貼付用紙(参加証の写しを貼り付けます)
・web参加レポート用紙3題 (構成5団体のいずれかの全国規模の学術大会に参加されていない方)
・認定バッジ(ピン,ネジ除去後)

申請用紙  renewal_JERT_certif_20210621
更新手数料
振込口座
  手数料: 10,000円
  三菱UFJ銀行 泉佐野支店 普通口座 口座番号: 0044314
  口座名義: 日本救急撮影技師認定機構
  振込名義: 更新申請者ご本人 もしくは 所属施設

認定ポイント
について

  認定ポイント総計は,30ポイント以上とします.
  ポイントの数と種類は こちら
機構を構成する
団体の全国
学術集会とは
公益社団法人 日本放射線技術学会
  総会・学術大会
  秋季学術大会
公益社団法人 日本診療放射線技師会
  放射線技師総合学術大会
一般社団法人 日本救急医学会
  総会・学術集会
一般社団法人 日本臨床救急医学会
  総会・学術集会
社団法人 日本医学放射線学会
  総会
  秋季臨床大会
機構が主催する
講習会とは
 これらは日本救急撮影技師認定機構独自もしくは関連団体との共催
する講習会,セミナーをいいます.下記の一覧を参照してください.

平成24年4月〜令和3年3月 開催分

認定ポイントの
対象研究会等
  一覧はこちら
ご注意  機構から送りました救急撮影技師認定バッジは本資格を証明するものです.認定時にお知らせいたしましたように,更新されない場合には,返納していただきますのでご承知おきください.
救急放射線技術 メーリングリスト 加入申し込み
開設主旨  日本救急撮影技師認定機構は,認定制度を通じて救急医療に関わる放射線技術をより高め,速やかに広める活動を行っております.
その一環といたしまして,機構関連の役員,委員,関係者によるメーリングリストを運用しておりましたが,このたび救急撮影技師認定者の皆様および医療関係者でご希望の方々に加入していただくことにいたしました.
このメーリングリストにより,多くの情報を共有し,新たな救急放射線技術が導きだされ,救急患者様の診療に役立つことを願っております.
セキュリティ
ポリシー
登録者による投稿のみを許可いたします.
営利,広告目的等の使用はお断りします.
誹謗・中傷などはお断りいたします.
エチケットを遵守した運用をお願いします.
申し込みいただくメールアドレスはPC用のアドレスをお使いください.
投稿可能容量は1MBまでです.
主旨に添わない方,マナーを守れない方は,登録を削除させていただきます.
※ご注意
本メーリングリストは,他の医療関係メーリングリストと同様に,投稿内容はログとして残しております.特に患者様の個人情報に関する投稿はお控えくださいますようお願いします.投稿のログは,各種のweb検索エンジンによって検索が可能となる可能性がありますのでご理解ください.
運用開始 平成25年1月4日
応募方法 申し込みはこちらです
問合先 りんくう総合医療センター内 相良健司
office@jert.info
TEL 072-464-9936
日本救急撮影技師認定機構
機関誌 「 Joint 第11号 」 発刊のお知らせ
 日本救急撮影技師認定機構では,広報委員会の企画による機関誌を定期的に発刊しています.このたび第11号を発刊することになりましたので,ここにご案内いたします.
本誌は,救急医療および救急放射線技術のトピックスにかかわる記事や,関連学会はじめ日本救急撮影技師認定機構のイベント情報や活動を中心に報告する内容となっています.
配布先は,関連学会,全国の救命救急センター,認定者の皆様,認定試験合格者の皆様,当機構委員,役員の皆様となっています.以下に第10号までのPDFファイルをリンクいたしますので,ご自由にダウンロードしてください.

第1号 Joint_001.pdf
第2号 Joint_002.pdf
第3号 Joint_003.pdf
第4号 Joint_004.pdf
第5号 Joint_005.pdf
第6号 Joint_006.pdf
第7号 Joint_007.pdf
第8号 Joint_008.pdf
第9号 Joint_009.pdf
第10号 Joint_010.pdf
過去に開催したイベントの記録
平成21年度(社)日本放射線技術学会学術講演会「救急撮影セミナー」
2009年9月27日(日) 横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター
2009年11月1日(日) 広島大学病院
JRC合同企画 合同シンポジウム1
2010年04月09日(金) 国立大ホール
日本救急撮影技師認定機構 創立記念講演会
2010年04月09日(金) 関内ホール 小ホール
日本救急撮影技師認定機構 第1回救急撮影講習会(東京)
2010年8月8日(日) 慶應義塾大学病院東校舎2階講堂
(社)日本放射線技術学会 学術講演会 平成22年度 第1回救急撮影セミナー
平成22年8月22日(日) 大阪大学医学部附属病院 会議室

(社)日本放射線技術学会 近畿部会
(社)日本放射線技術学会 放射線撮影分科会 
日本救急撮影技師認定機構 ロゴの選考結果
日本救急撮影技師認定機構 第3回救急撮影講習会(神奈川)
2010年10月30日(土) 済生会横浜市東部病院 多目的ホール
日本救急撮影技師認定機構 第4回救急撮影講習会(北海道)
2010年11月21日(日) 北海道公立大学法人 札幌医科大学附属病院 記念ホール
日本救急撮影技師認定機構 第5回救急撮影講習会(立川)
2011年1月16日(日) 独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター 4階研修室
日本救急撮影技師認定機構 第6回救急撮影講習会(九州)
2011年1月23日(日) 熊本大学医学部附属病院 医学総合研究棟3階 講習室