TOPPAGE > 試験情報について
第8回救急撮影技師認定試験の結果
試験期日 平成30年3月11日(日) 13時15分~16時15分
東京会場 順天堂大学 国際教養学部 お茶の水キャンパス
第2教育棟 3階
大阪会場 大阪市立大学医学部 阿倍野キャンパス
医学研究科医学部医学科学舎 4階大会議室
第8回救急撮影技師認定試験問題
試験問題 8th_autho_exam.pdf
第8回救急撮影技師認定試験問題 解答例
第8回救急撮影技師認定試験 筆記試験合格者
今後の手続きにつきまして
 合格者の皆様には,所定のレポートを作成後,救急撮影技師認定申請書と診療放射線技師免許の写しをまとめて提出していただき救急撮影技師の認定に至ります.
 以下に示します項目につきまして,ご自身で可能なものから順次実施してくださいますようお願いいたします.
 1)課題レポート(5項目)の作成
 2)自身の施設における実地研修の実施
 筆記試験の合格通知にあわせてご自身の施設長への実地研修許可申請を同封いたします.
 各施設の実状にあわせて必要な場合には提出し,ご利用ください.宛先は施設長様としております.
 3)機構の指定する施設における実施研修の実施
 各地域の研修担当委員により研修先を検討し,研修施設との日程を調整後皆様にお知らせします.ご自身の勤務を調整し,機構を経由して日程調整後に実地研修をおこなってください.日程調整は電子メールを用いますのでご注意ください.諸注意事項など送らせていただきます.
 機構の指定する施設における実地研修には,賠償責任保険がかけられます.交通事故,業務上の事故もしくは備品等の破損時には速やかに機構事務局にご連絡いただきますようお願いいたします.
 4)認定申請書,レポートなどを機構に送り認定された場合には,認定料の振込案内があります.1万円を指定の口座にお振り込みください.
 5)抗体価など健康診断書の提出が必要になる施設が多く,研修担当委員より指示があった場合には準備が必要となります.